赤ヘルちゃんねる

広島東洋カープ なんJまとめブログ


    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/05/16(水) 22:47:16.91 ID:spLQLljS 
      それにしても楽天からしたら何とも苦しい勝利であった。  
      先発の辛島はいいピッチングを続けたが、広島先発のバリントンも負けず劣らず良いピッチング。  
      こういう試合は得てして"首脳陣の我慢比べ"となるものだが、こと先発の辛島については、星野監督も  
      佐藤(投手)コーチも良く我慢したと思う。経験を積ませるという面からも、チームの勝敗という面からも  
      あの場面(9回裏)以外の交代は無かった。ピッチャーの交代というのはどんな投手であれ気を遣うものである。  
      辛島もあの場面なら「悔しい!」という気持ちは残るかもしれないが、交代自体は納得の行くものであったろう。  
      一方の広島は、その9回裏にこれ以上ないチャンスを楽天から貰ったわけだが、1死満塁から策もなく無得点に終わった。  
      代打の前田(智徳)を温存したなど、目に見える問題はあったにしても、ここではそれは結果論に過ぎない。  
      問題は2死満塁となってからの堂林の打席である。広島首脳陣、特に野村謙二郎監督はこの堂林に  
      並々ならぬ期待を寄せていると聞く。そうであれば、なぜあの打席、初球を簡単に打たせたのか。  
      楽天のハウザーは右打者に対する決め球のない投手である。おまけに制球力もあまり良くない。  
      にもかかわらず堂林は初球を平凡に打ち上げてしまった。  
     
      
    2 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/05/16(水) 22:47:37.31 ID:spLQLljS 
      これはベンチから堂林に対して何も指示が出ていない証左である。もちろん「すべてをお前に任す」でも構わない。  
      但しそれをやるには「選手が野球を知っていること」が大前提だ。堂林を将来の広島を背負って立つ選手に  
      育てたいのであれば、あそこは「ファーストストライクは待て」の指示があっても良かった筈である。  
      そういう指示が出たら、当然選手はその意味を考えるものである。選手というのはそうやって成長していくものだ。  
       
      広島にはこの堂林をはじめ、丸や松山、天谷といった素質に秀でた若手~中堅クラスの選手が多い。  
      だが、どの選手も伸び悩んでいるように見えるのは、首脳陣の接し方に問題があるのではないか。  
      「お前に任す」でも成長する選手は成長する。だが、すべてがそういう選手ではないのだ。  
      野球というのは「確認のスポーツ」である。一に確認、ニに確認。一つ一つの事柄を確認していくことで、チームも選手も  
      前に進むものだ。広島の低迷は、その「確認作業」を首脳陣が怠っているからではないだろうか。  
     
    【ノム「広島が勝てない原因がわかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ