赤ヘルちゃんねる

広島東洋カープ なんJまとめブログ


    2015年02月

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/22(日)09:18:55 ID:MxC

    広島・緒方監督が、1軍生き残りバトルのゴングを鳴らした。オープン戦初采配は黒星スタートも「勝敗どうのこうのというのは気にしていない」とお構いなし。
    それより「打つ、走るをしっかり見たい。作戦はあってないようなもの。個々の力を見たい」と個人成績に目をやった。

     厳しい言葉を投げかけられたのは堂林だ。「7番・三塁」で先発フル出場も、3打数無安打1四球。六回2死満塁の好機では二飛に倒れた。
    「堂林に関しては打ってないでしょ。明日(練習試合・ロッテ戦)のスタメンは外す。美間でもサードはできる。競争意識を持っている」と言い切った。
    「(丸、菊池ら)先に出た人は調整」というが、レギュラーが決まっていない三塁に関しては状況が違う。

     その一方で下水流、鈴木将、鈴木誠と右の外野陣が、途中出場でそれぞれ安打を放った。
    「後から出た人が結果を残した。自分の立ち位置が分かっている」と目を細めた。

     22日から沖縄で5試合の練習試合が組まれている。そこで結果を残さなければ、厳しい現実が待っている。
    http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2015/02/22/0007760272.shtml


    引用元: 【広島】緒方監督「堂林をスタメンから外す」

    【【広島】緒方監督「堂林をスタメンから外す」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/22(日)22:25:12 ID:Aqm

    黒田の古巣復帰にあたって交渉役を務めた鈴木清明球団本部長に、交渉の裏側や復帰の経緯などを聞いた。

    ――ちょっといいですか?

    「いいけど、あまりしゃべれないし、しゃべらないよ、私は(笑い)」

    ――復帰を最初に聞いた時はどんな気持ちでしたか?

    「そりゃ、うれしいし、驚いたよ。まさか、とも思ったね」

    ――まさか、戻ってくれるとは思ってもみなかった、と。

    「当たり前だよ。今年だって無理だと思ってたもん。毎年、そう思っていたからね」

    ――これまでも「戻ってきて欲しい」と声はかけていたのですか?

    「そういうのを直接言ったことはない。でも、そんなのは(黒田と)話しているとわかるんだよ。
    『ああ、今年もダメか』って」

    ――では、毎年黒田と会っていた?

    「オフの期間にね。そんな大した話はしてないよ。情報交換というか、意見交換程度だよ。といっても、
    私は黒田の話し相手だったというだけ。そこで球団から復帰に向けて働きかけるとか、そういうことは
    一切していない。黒田の話を聞いていただけだよ」

    ――メジャーで登板するたびに電話やメールでメッセージを送っていたと聞きました。

    「そういうのはやってない。それはオフの話し合いの中でのことじゃないかな? 普段から連絡は取ってないよ」

    ――契約のことを聞いてもいいですか?

    「何さ(笑い)」

    ――メジャーでは住居や生活のサポートも契約に盛り込まれるケースが多い。黒田の契約にも、
    そうしたサポートは入っているのですか?

    「んー、(笑いながら、わざと野太い声で)ノゥコメント!」

    ――年俸4億円は広島にしては思い切った額では。本当に出せるのか心配する声もあります。

    「払えるように我々が頑張ります(苦笑い)」

    ――シーズンシートの完売やグッズの売り上げ、報道による宣伝効果などで4億円はもうペイできたとか?

    「それはシーズンが終わってみないと、何ともわかりませんね」

    ――黒田が復帰したのは(折り合いが悪かったといわれる)野村監督が退任したからですか?

    「それはまったく関係ありません。(力強い、真面目な口調で)それだけは断言します」
    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/157363/


    引用元: 【広島】黒田復帰と野村監督退任は無関係だった

    【【広島】黒田復帰と野村監督退任は無関係だった】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/22(日) 10:25:38.26 ID:im5DgiAj0.net

    野球評論家の張本勲氏が22日、TBSの情報番組『サンデーモーニング』の人気コーナー『週刊ご意見番』に出演。広島・黒田博樹の日本復帰について「生き様が素晴らしい。男じゃのう」と改めて絶賛した。
    張本氏は19日に広島の沖縄キャンプを訪れ「よくぞ広島に帰ってきてくれた。ありがとう」と黒田本人とガッチリ握手。この様子をVTRで振り返りながら「野球選手は成績が良ければいいってもんじゃない。
    20億と言われるお金(オファー)を捨てて、義理と恩と筋を通す。男じゃのう」と改めて称えた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150222-00022782-baseballk-base


    引用元: 張本氏、黒田を「男じゃのう」

    【張本氏、黒田を「男じゃのう」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/23(月)09:37:51 ID:vKz

    広島の緒方孝市監督(46)が22日、若手に闘争心を前面に出すことを熱望した。沖縄キャンプ第1クール最終日のこの日は、
    ロッテとの練習試合がコザしんきんで行われ、0−10の大敗。ただ敗戦の結果以上に、戦う姿勢に不満を感じた指揮官は試合後、
    失点を重ねた若い投手陣と、ミスを多発した若い野手陣に、ダメ出しを連発した。

     言葉には少し怒気が含まれていた。対外試合2戦目のロッテ戦で大敗。だが不満なのは2連敗の“結果”ではない。
    「チーム全体では元気がなく、戦い方としては物足りなかった」。緒方監督が求めたのは、戦う“姿勢”。相手に向かって行く気持ちが欲しかった。

     「広島から来られていた方もいる中で、一方的な展開になってしまった。元気のない姿を見せてしまった」

     ロッテとの練習試合は日曜日ということもあり、球場には2500人の観客が詰め掛けた。大きな期待を感じる中での試合だったが、
    初回、先発の野村が3連続四死球で1点を失うと、大瀬良も2回を5安打4失点。失策が絡む不運もあったが、流れを断ち切る投球ができなかった。

     抑えてやろうという姿勢が、2人から指揮官には伝わってこなかった。「やっていることは分かる。ただ、そこに気持ちが入っていない」。
    開幕ローテ入りが確実で、主戦として期待される野村と大瀬良。調整段階だけに結果を求めているわけではない。
    ただ「相手と戦う気持ちは絶対に必要」と、マウンドでの姿勢を重要視した。

     野手にも同様の思いがあった。3失策に、けん制死。「たくさん出たね。気にはしていないが、目をそらしてはダメ」。
    走塁死の田中には試合後、「お前がもっと、もっと引っ張って行け」と直接ゲキを飛ばした。ミスに沈むことなく、挽回しようとする姿が見たかった。

     「活気ある戦う気持ちを、強く出すのがカープの持ち味。そういうところを見せて欲しい。次につながる失敗であって欲しいと思う」

     沖縄キャンプ第1クールが終了。この2試合はあえて作戦を立てなかった。塁に出た選手は積極的に盗塁を敢行。
    「緒方野球」は浸透しつつある。今季のキャッチフレーズは『常昇魂』。指揮官は常に熱く、常に闘う選手を求めている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000026-dal-base


    引用元: 【広島】緒方監督「若鯉よ!戦う姿を見せてくれ」

    【【広島】緒方監督「若鯉よ!戦う姿を見せてくれ」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/13(金)19:04:07 ID:Krz

    ウハウハです。広島の宮崎・日南キャンプは13日から17日までの第3クールで日程を終えるが、黒田博樹投手(40=前ヤンキース)
    の加入などで24年ぶりとなる優勝への期待が高まる中、“カープ特需”は天井知らずだ。

     日南市関係者は「近年の状況から見れば2倍、3倍といったところでしょうか」と話す。
    天福球場の駐車場は平日でも満車状態。グッズも売り切れが続出。追加発注をしても常に品薄状態という。
    「ありえないくらい売れてます。昨年すごく売れて、さすがにこれ以上はと思っていたんですけどね。
    昨年の2倍近くは売れてますかね。売るものがあったら、もっと売れるんでしょうけど。怖いくらいですね」(営業グッズ関係者)

     そんな中、来年以降のさらなる“赤ヘルブーム”の到来に備えて、地元も準備を着々と進めている。
    球場のお膝元にある油津商店街の活性化に取り組む「株式会社油津応援団」ではさまざまなプランが進行中だ。

    今年からキャンプならではの選手グッズや写真を展示した「カープ館」を商店街に新設。
    これが予想以上の入りを見せており、来年はオープン予定の大規模商業施設の一画にこれを移転させ、相互作用を生むつもりだ。

     また、油津には数々の旅館やホテルがあるが、キャンプ中は満室。油津応援団の鬼塚氏は
    「普段は別のスペースとして利用して、この時期だけ宿泊施設として利用できる場所があればとも考えています」
    と“期間限定・鯉党専用ホテル”計画を明かす。さらには巡回バスの“カープバス”なども検討されており、
    53年の付き合いを持つ日南の“商魂”も真っ赤に燃え上がっている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150213-00000023-tospoweb-base


    引用元: 【広島】グッズ大売れ!宮崎・日南に“カープ特需“

    【【広島】グッズ大売れ!宮崎・日南に“カープ特需“】の続きを読む

    このページのトップヘ