赤ヘルちゃんねる

広島東洋カープ なんJまとめブログ


    栗林良吏

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/12/16(水) 07:55:31.17 ID:f+9IwYHL0

    -対戦したい打者は。
    >「阪神から中日に移籍された福留さん。小学生の頃はファン。そういう方が、まだ現役でやられているのはなかなかないことだと思うので。ピンチだったら必ず抑えたいと思うけど、対戦することがすごくうれしい。ホームランはダメですけど、自分の持っている全てを出したい」

    -14日に広島入りしたが。
    >「名古屋ってドラゴンズのグッズとか、あまり駅に置いてないので、そういう面では(電車を)降りてすぐにおみやげ屋さんにカープグッズが置いてあるのを見て、ファンに愛されているというか、温かいファンが多いチームということを実感しました。カープはファンとセットなのかなと思いました」

    広島と名古屋の違いを端的に表現した模様w


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1608072931/

    【広島ドラ1栗林「広島駅は構内にカープグッズが沢山並び県民から愛されているなと感じた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/11/23(月) 06:11:54.81 ID:lfvYSgls0

    7回2失点 被安打5 2四球 13奪三振


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1606079514/

    【広島ドラ1栗林、7回2失点で都市対抗野球1回戦負けωωωωωωωωωωωωωωωω】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/10/26(月) 21:38:11.21 ID:o4gZU6JN0

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5f9dc1441c9d7b963370640b0636d29eb20680f2?page=2

    仮に一本釣りできそうとなれば、どの投手を獲得すべきか。そのひとりがトヨタ自動車の栗林良吏(右投右打)だ。
    もともと栗林は中日が狙っていたが、中京大中京のエース・高橋宏斗(右投右打)がプロ志望届を出したことで状況は一変。
    根尾昂、石川昂弥に続き、高校球界のスターの獲得を目指すという。

    そこで栗林の一本釣りの可能性が出てきたわけだ。
    栗林のよさは最速153キロというスピードよりも打者の手元で加速するボールの強さだ。
    大卒(名城大)の社会人だが、本格的に投手を始めたのは愛知黎明高校2年の時からで、まだまだ伸びしろが期待できる。


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1603715891/

    【広島カープドラ1栗林投手、打者の手元で加速するボールを投げる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/10/26(月) 22:42:17.88 ID:dSPFalfnM

    【広島ドラフト総括】即戦力の栗林含め6投手指名 課題の投手陣再建へ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/26/kiji/20201026s00001728659000c.html

    中でも社会人ナンバー1右腕のトヨタ自動車・栗林を1本釣りできたのは大きく
    「先発も抑えもできる。総合的に見て、全員一致で最初から決めていた。早川、佐藤で(1位指名が)割れるだろうと読んで公表しなかった」と明かした。


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1603719737/

    【【速報】広島カープ、最初から満場一致で栗林狙いだった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/10/26(月) 23:15:22.99 ID:OPWs64KLd

    no title


    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1603721722/

    【広島ドラ1栗林の笑顔WIWIWIWIWIWIWIWIWIWIWIWIW】の続きを読む

    このページのトップヘ