赤ヘルちゃんねる

広島東洋カープ なんJまとめブログ


    菊池涼介

    1: 名無しさん 2018/06/24(日) 03:23:51.89 ID:TKysKBju0

    中日荒木よりはマシの打撃と30越えて年々衰える守備走塁に広島ファンは長年悩まされる事になるだろうな


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1529778231/

    【広島って菊池の老害化と共に黄金期が終わりそうだよな 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/01/04(木)23:20:29 ID:Sx4

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/03/kiji/20180102s00001173142000c.html
     中日の平田が1月中旬に広島・菊池と静岡市内で合同自主トレを行うことになった。
    両選手は昨年3月に行われた第4回WBCで侍ジャパンのメンバーとしてプレーするなど親交が深く、
    平田が「一緒にできないかと」とラブコールを送り、実現する運びとなった。

     「キク(菊池)は人の体の動きを見るのがとてもうまいんですよ。僕自身も聞きたいことがだいぶ、たまっています」
    no title


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1515075629/

    【中日・平田、広島・菊池と合同自主トレ「一緒にできないかと」とラブコール】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:07:31.31 ID:q/XHX4NEp

    広島菊池4500万増「しっかり評価いただいた」
    [2017年12月21日16時2分]

     広島菊池涼介内野手(27)が21日、広島市内のマツダスタジアムで契約を更改。4500万円増の推定年俸1億9500万円でサインした。

    今季は138試合に出場。打率2割7分1厘ながら、自己最多の14本塁打をマークした。球団からはこれまでの貢献度も踏まえて評価された。「しっかり評価していただきました」と語った。

     交渉の席ではチームの話に大半の時間を費やした。「僕自身もそうですけど、(タナキクマルの)3人でより引っ張っていけたら」と気持ちを新たにした。(金額は推定)
    no title


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1513840051/

    【【ブラック】広島菊池、4500万増でサイン 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/12/04(月) 06:31:59.11 ID:B0NJnMLl0

    ハワイ優勝旅行に参加中の広島・菊池が、来季へ向けて「マイペース調整」を掲げた。

     「今年はシーズンがもう一つあったという感じだった。来年は(練習を)ゆっくり自分のペースでやりたい。(2月まで)しっかり体をつくりたい」

     今季は開幕前の3月に侍ジャパンの一員としてWBCに出場。例年に比べれば、約1カ月早い調整を余儀なくされた。
    休む間もなく公式戦に挑んだ結果、打率・271は昨年の・315を下回り、内野守備の指標の一つとなる補殺数も昨季の525から407へ減少した。

     「今年は体がしんどくて思うように動けなかった。来年はそれを思うように動けるようにしたい」


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1512336719/

    【【悲報】広島菊池「WBCがあるとシーズンへの負担が大きい。シーズンでは思うように体が動かなかった」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/09/19(火) 15:02:16.83 ID:lhfDAawu0

    >そして何より雰囲気。暗いのが嫌で、入団した頃から変えたいなって思ってきた。怒られないかなとか、ギリギリのところで新しいチャレンジをして、浸透してきて。自分の成績も伴わないと何やっているんだってなる。そこを積み重ねてきてよかったです。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00006569-nksports-base


    引用元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1505800936/

    【広島菊地「入団した頃はチームの雰囲気が暗くて嫌だった」】の続きを読む

    このページのトップヘ